まるがお生活

日常を綴ります。1年半の産休・育休から2017年5月に職場復帰しました。

2歳ムスコのことば事情

2歳になったムスコ、ぼちぼち言葉を話し始めているので思い出になるかな~と思いここに残しておく。お友達の子供は、1歳ちょいで10までカウントできる子もいれば、3歳手前でもまだまだ話さないという子もおり、ほんと個人差が大きいなあと思う。

大人でも人によって言葉数は違うし、たくさん話せたから素晴らしいってわけでもない。夫は2歳半までは全く話さず、義父母も親戚も心配していたようだが、その後一気に言葉が進んだとか・・・。ということで、いつ話始めるかをあまり気にすることなく、読み聞かせや普段の話しかけ以外はとくに言葉の学習っぽいこともせずに育ててきたような気がするけど、いざ話し始めるとかわいいなあ、と正直思う。あ、保育園では何かしてくれてるのかも。

さて、ムスコは1歳時点ではまだ、ものを指さして「あっ、あっ」というくらいで、一緒にいる時間の長い私はムスコの言いたいことがわかるけど、夫含め他の人は「なになに?」と全くわからない様子だった。

その後、大人の語り掛けに「うん」とうなずいたり首を振ったり。徐々に言葉で反応するように。

1歳半くらいで、大人の言った言葉をたまに反復(単語レベル)したり、ちょうだい、どうぞ、アンパンマン、など語彙を増やしていった模様。

そして現在2歳。「今日楽しかった?」と聞くと「きょう、たのしかった(ほんとはもっと聞き取りにくい感じだけど」と文単位で反復するように。これはなかなか面白い。聞き取りにくい言葉はたくさんあって、「みかん」→「びたん」、「ズボン」→「ずぼぼん」などまだまだ間違いは多いけどかわいいね、これ。保育園で、ムスコの1つ上の学年の子が話しかけてくれて、その子はだいぶん流暢に話していたけど、「スカンク」を「すたんく」と言っていたのもかわいかったなあ。

 

驚いたのは、この間ムスコの服を買いに行ったとき、ムスコがお化けの描かれた服を見て、突然「おばけだじょ~」と手を体の前で振りながら言ったこと。おそらく10月のハロウィーン時に保育園でやったのだろう。当時は十分話せなかった(1歳8ヶ月)けど、インプットしていてそれが出てきたみたい。びっくり。

他にも、「上にあがろう」と言うと、「した!」と返事をしてきて、「上」と「下」がセットになっていることも理解している模様。

言葉の発達って、本当に、話さなくても理解がだいぶん先で、あとからアウトプットされていくもんなんだなあと実感。3歳の子供をもつ友人や会社の同僚は、子供がすらすら話せるようになったことで赤ちゃんらしさが減ってきて寂しい、と言っていた。この会話がおぼつかない感じ、存分に楽しもうと思う。

冬生まれの宿命か~インフルエンザの誕生日~

ムスコ、明日でめでたく2歳を迎える。1月末くらいから体調には家族全員とても気にかけていたもの、彼はインフルエンザを発症してしまった。

月曜日は普通に保育園に通えたものの、夜からアツアツになり、翌朝39.2℃、夫が休みを取って病院に連れて行ってくれ、結果インフルエンザB型と診断された。

今週は火曜以降、保育園に行けず。熱は発症2日後で下がったものの、まだしんどそう。明日は誕生日だけど、保育園にも行けず、家で療養予定。昨日今日は私が仕事を休み、明日は夫が休む予定。こんな感じで今回も結局病児保育を使わずに済みそうだ。

ムスコが今年度、思ったほど熱を出すこともなく有休が余るなあ、どんどん消化しよう!と思った矢先だった。そして冬生まれ、毎年インフル感染の危険を感じながら過ごすのかな~としみじみ感じたりしております。

久々の丸1日ワンオペ育児×2日間、めちゃくちゃきつかった。やっぱ仕事に行く方が私にとっては向いているなあと痛感した。ムスコも発熱中はおとなしくても、少しでも元気が出ると外に出たがったり、ぐずぐずしたりと本当に大変で、育休中の辛さを思い出したりしていた(そしてインフルエンザなので友人宅や児童館にも行けず)。

ま、明日は夫が看病してくれ、それを乗り切れば土日。もともと誕生日パーティーは日曜日予定だったので予定通り行えそう。2歳の誕生日プレゼントにはストライダーをプレゼント予定。病み上がりのストライダーデビューはハードだろうけど、喜んでくれるといいな。ちなみに、園でのお誕生日会は2月下旬ということなので、無事お祝いしてもらえるとうれしいな。

そしてそして、潜伏期間がもちろんあったであろうムスコのまき散らしたウイルスが園のお友達に移っていませんように。

1歳11ヶ月~ムスコ2度目のお正月~

ムスコと共に、夫の実家へ帰省した。3泊4日だったけど、去年とは大きく状況が異なった。

  • じいばあにめちゃくちゃなついてとても楽(毎週のLINE電話?のおかげ)
  • おふろもじいじと入ることに成功。
  • 人見知りで泣くことなし。
  • お話しも少しはできるように。

行き帰りの電車で苦労するのは変わらず(相変わらず昼寝下手)。冬の移動は雪を懸念して電車を利用している。毎回移動は気が重いが、次は車での帰省になると思うから、周りには迷惑をかけないはず・・・(ベビーシートから下ろせ!と騒ぐだろうけどね)。

 

しかし、一つ目のはとてもありがたかった。最近ムスコは抱っこマンなのだけど、ここぞとばかりにレアキャラのじいばあに抱っこをせがんでいたので私はほぼ抱っこせずに3日間過ごすことができた。最初は孫が可愛くて顔がとろけていたじいばあも最後はお疲れ気味のようすだったけど・・・ありがたかった。

年末にじいばあとアンパンマンミュージアムに行き、それを楽しんだことで「アンパンマン好き」という噂が噂を呼び、親戚中からアンパンマンのおもちゃをプレゼントされ、一気に家の中がアンパンマングッズであふれかえっている・・・。元保育士の義母曰く、アンパンマンは2歳半で卒業とのことなので、今年中にアンパンマンはお役御免になるのかもしれないけど、それまでは十分に活躍してもらおう。

 

ちなみに、半年先に生まれたいとこ(宿敵)に自分のおもちゃを奪われまくったおかげで、ムスコの独占欲がつよくなり「ぼくの!」という言葉がはっきり出るようになった。Terrible Twoの兆しも日に日に増しております。

引っ越し完了 with1歳10ヶ月のムスコ

つい先日、引っ越した。距離としては前の家から徒歩15分ほどの距離で、本当に近所での引っ越しだけども。ようやく自分たちの家を持つことができるようになった。ムスコが寝たあと夜な夜な荷造りをする生活を1,2週間続け、なんとか引っ越し作業を終えられた。引越し当日(平日)はムスコは保育園で見てもらえたので割とスムーズに完了できたかな。それにしても、仕事の繁忙期と丸かぶりで寝不足続き。体力的にも精神的にもなかなかつらかったぞ。

 

さて、引っ越しに際し、いろいろ悩んだ結果、ベビーゲート廃止。これによりムスコの行動範囲が格段に増え、危険地帯も増えたんだけど、もうすぐ2歳ということで、言い聞かせもしていきたいと思い踏み切った。キッチンへ色々触りに来たりはするけれど、本当に危ないもの(包丁やコンロ)には今のところ触れる気配がない。階段上のゲートも未設置だけど、なくても行けそうなので様子見中。ただ寝室とリビングが別階のため、子供が起き出して階段まで行ってしまうと怖いので(今は扉も開けないから大丈夫だけど)、ベビーモニターは近々購入予定。

 

まだ生活動線も定まらず、無駄な動きをして時間を食う生活をしているけど、ちょっとずつ快適にしていきたい。ムスコは家が変わってもよく寝るし(初日はやや興奮気味だったけど)、前の家を恋しがる様子もない。親がそばにいる、安心できる場所ならこだわらないのかな。個性なのかもしれないけど、子供って柔軟だな~と感じている。

まずは、キッチンの棚の仕切りが無くてものがとりあえず詰め込まれた状態なのと、カーテンの丈が足りてないのを早くどうにかしたい(後手後手)。

保育園の面談@小規模保育

先日、ムスコ(1歳9か月)の保育園で年に一度の面談があったので行ってきた。昼間(園児昼寝中)に実施ということで会社は休んで行くことに。行ってみると、部屋の中央スペースで園児たちは寝ており、時折0歳児の泣く声などもあり。

どこで面談なんてするんだろう、と思っていたら、玄関入ってすぐのスペースだった。まあ、場所ないもんね。一応奥に園児が工作するようなスペースがあって、入園前の案内の時とかはそこで説明を聞いたりしたのでそこかしら・・・と思っていたけど甘かった。そこは昼寝する園児をすり抜けていかないといけないしね。玄関に置かれた園児用の小さな椅子に座り、先生と向かい合って20分ほどムスコの園での様子、家での様子など情報共有をして終了。面談中にムスコに気付かれたりしないかな、と思ったけど、チェストでうまく目隠しされており面談終了まで気づかれずに終わった。すぐ隣で園児たちが寝ているので、起こさないようにこしょこしょ話しながら面談ってのも新鮮だった。

大きな園ではどんな感じなんだろうか。別に用意されたミーティングスペースとかでできるのかな。他の園の様子を全く知らないけど、ほんと、大きなリビングでの集団保育ならではの面談方法って気がしたので、参考までにここに記しておこうかなと思った次第であります。

園では、友人とふざけたり、甘えられるパートの先生にくっついたり、0歳児を気にしたり・・・などなど普段目にすることのできないムスコの様子を知ることができて良かったと思う。面談終了後は、早く迎えに来た母に驚きつつ喜び爆発のムスコと仲良く帰ったのでありました。

認可小規模保育園の運動会

先日、ムスコの通う園の運動会があったのでその記録。4月から1歳児クラスで通い始めたこの保育園、はや半年が経過した。日によって状況は違うけど、まあまあ元気に通えているかな。7月後半以降はムスコの高熱の発熱もないし、私も仕事に励むことができている。

10月初旬、保育園の運動会が開催された。定員14人の小規模保育園。0歳~2歳児クラスまでしかなく、運動会は保育園近くの集会所で開催された。ワンフロアでとーーーーってもこじんまり。「え、狭い。ここでできるの?」と最初は思った。園児たちの工作などがディスプレイされ、フロアの端っこの床にビニールテープの仕切り線があり、親はそこから観覧。両親の観覧だけでぴっちぴち。祖父母も来ていたお宅もあったようだったけど、狭さゆえに諦めたのか、途中から姿が見えなくなった。このへんは小規模っぽいよね。

私の感じた範囲で今回の運動会の特徴をまとめておく。

  • 狭い集会所で開催。両親の見学だけで会場はいっぱい。
  • 集会所なので屋内。雨が降っても開催なので予備日など気にしなくて良かった。
  • 0歳~2歳クラスだけなので子供に負担のないスケジュール。1時間で終了。
  • 音も小さめ?ワイワイというよりほっこりした感じ。
  • 低年齢園児+狭いゆえ運動会というよりお遊戯会的雰囲気。
  • 一応、保護者協議もあり。
  • 子供がぐずったりしても親がそばにいるので、すぐに親の元に戻れたり、その後演技に戻れたりとかなりユルい体制。(これは助かった)

こんなもんかな。前情報通り、悪く言えば盛り上がりに欠ける、よく言えば子供に合わせたアットホームな運動会だった。私はこれでいいんじゃないかと。普通の大きな園の運動会が休日に開催されているのをみて、いいな~、楽しそう!と思うのも事実。3~5歳のお兄さん・お姉さんの活躍を見るのは低年齢児にとってもいい刺激になるのではないかと思う。一方、緩い雰囲気で低年齢児に合わせて開催された今回の運動会も気に入っている。人前で演技をするのは子にとってはかなりの大仕事で、恥ずかしさや不安も感じている模様。ムスコの場合、演技を投げ出して戻ってくることも多かった(観覧席で親とともに友人らを観覧・・・)。でも、それでいいのかな、と思う。親の近くならダンスもきちんとできていたし、リズムに乗ってみたりしていたし、くっついてパワーチャージできれば演技に戻っていたから。2歳児クラスのダンス発表で、楽しくなっちゃった0歳児がフラフラ歩き回っているのもかわいかった。それと、はっきり言って、雨の中連れて行ったり、他の親や子供を気にしつつ自分の子供も見つつ演技にも参加しつつ、というのは1時間とは言えかなりの疲労感だった。大規模な園になるとこの疲れはもっと顕著だっただろうな~と。それに子供にとってもなかなかの大イベントだなと感じた。普通の(小規模ではない)保育園の0歳児クラスに通う子を持つ職場の同僚に聞くと、低年齢児は参加必須の時間があり、それが終わると帰ってもOKということになっていたとか。ただ雨で延期になったうえ、翌日開催されたが運動場が泥状態で、しかも旦那さんが仕事のため一人で連れて行って地獄だったと言っており、聞くだけでも大変さが伝わってくるレポートだった。

相変わらずどっちつかずの記事ではあるけど、小規模、普通どちらにもそれぞれの良さがあるよねと思った。誰かの参考になれば幸いです。

来年度の4月入園の案内が始まっているこの季節、保育園の先生から「来年度他の園を申請するご予定はありますか?」と質問された。人の流れについて市から調査があるみたい。確かに、小規模園から普通園に変わった会社の同僚もいるから、やっぱりそういう人はいるみたい。うちの場合は、ようやくこの保育園に慣れたし(子も親も)、とっても良い園だと実感しているため、変更の予定はない旨伝えた。これから始まる(もう始まっているという感触もある)2歳のイヤイヤ期と転園が重なるのを避けたいという思惑もある。そんなこんなであと1年半はこの園にお世話になるので来年もアットホームなほんわか運動会に参加する予定です。

1歳半ムスコのねんね事情 ~ネントレの顛末~

しばらく更新していませんでしたが、まあまあ元気。でも昨日からムスコがくしゃみ+鼻水の症状があり要注意。悪化させたくないし、移りたくない。移ったら終わりだ・・・年内はずっと体調不良で過ごすことも覚悟しなくてはいけない。

子供をもつまで風邪なんてほとんどひかなかったし、2、3日で治ってたと思うのに最近は家族で移しあい、2巡目3巡目もザラにあったりするから恐ろしい。きちんと寝て、きちんと食べて、ほどほどに働くぞ。

 

さて、ムスコのねんね事情。保育園では毎日2~3時間眠れている模様。仕事が休みの土日も、だいたい同じ時間に昼寝できている(12時~15時くらい)。でもね、結局添い寝なのよね。添い寝すれば割とはやく寝付くけど、この間過去のことを振り返ってたら、ネントレで泣き叫ぶムスコを置いて部屋を出てたなーと。今、絶対無理だと思う。添い寝でまあまあうまくいったから、それを継続してるけど、ネントレ的「おやすみ」をしていたらもっと楽だったんだろうか。まあ、時期によって自分とムスコに合うものを選択したら良いという結論に達した。

 

実際、最近の生活は17時保育園のお迎え、17時半ごはん(作り置きをレンチン、わたしも一緒に食べる)、18時すぎごはん、19時から寝室で読書だったり暴れたり、19時半ごろ就寝。(→その後私は寝室を出てフリータイム)。ムスコの就寝時間は仕事復帰後もあまり変えずにここまで来れている。なので、お迎えからムスコの就寝まで2時間半。その間にごはん+お風呂があって、バタバタしたりもしているので就寝前の時間がスキンシップを取れる貴重な時間になっている。なので、寝落ちにだけは気を付けて(!)、ムスコがすーすー寝息を立てるのをまどろみながら聞くという幸せな時間を設けることになりました。

ネントレの顛末は、当初想定していた感じからずれてきたけど、それはそれで結構いい感じですよ、という記録でした。