まるがお生活

日常を綴ります。1年半の産休・育休から2017年5月に職場復帰しました。その後、2018年12月より再び産休・育休へ。→2019年1月、第2子出産。

英語エッセイ第二弾 ~第二子以降の子育てについて~

英語エッセイの第二弾。

英会話レッスンを頑張っている証に張り付けておく。これを先生に披露し、会話している。「第二子以降の育児はは適当」と言われることについて何となく書いた文章。

 

我が家の第二子は、適当ではないにせよ、泣かされっぱなしの時間は第一子に比べると長いよね。しかし、自力で寝てくれる力がやはり第一子とは比べ物にならないほど高いので、ありがたや~と感謝している毎日。

 

Rearing the second child

People say that parents raise the second and the following children more frankly than the first child. Is that true? Actually, I myself am the second daughter. My grandfather said that my sister was the most important and I was the second. My mother said that they let me cry much when I was a baby, although I felt my parents’ love a lot. The back of my head is very flat and I believe that it is because I was not held fully and I was laid for a long time when I was a baby.

 

Now, I have two children. The situation of raising each child was different. At first, I got used to baby crying sound. My son talks loudly, so I feel that my daughter’s crying voice is soft. Then, we moved to a current house last year. When I lived at the previous house, I worried about my son’s crying voice because we lived in an old apartment. Now, we live in an independent house, so I don’t have to care about the sound even though our neighbor of the previous house had not care about our sound so much. Furthermore, my son behaves like a baby after his sister was born. He tries to get his parents’ attention. Recently child care experts say that parents should take good care of the first child, and I try to do so. As a result, my daughter cries for longer time than my son when he was a baby. Nevertheless, my son usually goes to a nursery school and I spend a half day alone with my daughter. During daytime, I take care of her much.

 

My attention to my daughter may be less than that to my son, but I know it is sometimes good for the second child. When I was a child, my elder sister was scolded more than me, maybe because adults pay more attention to my sister and they naturally expect that she could do much more than me. Thanks to my elder sister, I could live my life freely and I might be a cherry picker. Now, I have a tendency to put an expectation on my son to do what people say that 3-years-old boys can commonly do. However, I should go easy on him and accept him just as he is. Anyway, I love both of my children. I’d like to cherish my children’s own lives and enjoy parenting!!

突然ですが英語のエッセイ ~Epidural birth~

息子が10か月の時に始めた英会話をまだ続けている(もう2年ちょっとか)。毎回宿題が出るのだけど、今回の産休に入ったころからエッセイを書く宿題が出ており、自分でお題を考えて何かしら文章を書いている。夫に見せたら、「せっかく書いたんだしブログにでも載せたら?」とのことなので載せてみることにした。素人英語なので間違いだらけだし、このブログと同じく徒然なるままに書いているものなので、正確さは保証なしだけど、思い出替わりにたまに載せていこうと思う。

今回は、第2子出産で経験した無痛分娩のこと。

 

Epidural birth

I gave birth to my second baby on 11th January. This time, I opted for epidural birth, although I did for natural birth when I delivered my first child. Originally, I was interested in epidural birth, but I wanted to deliver naturally when I gave birth first. It was very hard. My son didn’t come one week after due date, so I was hospitalized and got labor-inducing drug. I could give birth to him safely, but I got episiotomy and in addition, my birth canal tore because my son’s head was big. I was very happy but I was suffering from the muscle pain and perineorrhaphy for more than one month. It was very difficult just to walk and sit down. I got sad because I had to take care of my baby, feeling such a pain. This time, there is already my son and we have to take care of him and new baby. So, I want to recover early. In addition, I can know the schedule of the birth date, so I can easily imagine how my son spends the day and I feel calm. Some friends experienced epidural birth and they recommended it. They said that they could feel baby’s moving during their delivery and recovery after delivery was earlier. I wanted to experience epidural birth, so I selected it.

 

My due date was originally 11th January, but my doctor planed to deliver one week earlier than the day. However, my baby still didn’t prepare two days before new due date, so it was rescheduled to 11th January. On that day, I got hospitalized in the morning and I started to get an epidural at about 9:00 a.m. I didn’t feel pain and I could talk with my husband during my contraction. I could even watch TV and Amazon video about one hour before my delivery. However, I had to change my posture many times because my baby’s heart beats got weaken many times, and I felt discomfortable even though I didn’t feel pain. I knew that it was very hard even when I selected painless delivery. Finally, my daughter was born at 2:30 p.m. and she cried quickly, and I got relieved. The moment that a new baby is born is always wonderful. Her head was also big, so finally my birth canal tore again. This time, I walked a lot and did yoga and other things that I had heard it was good for easy delivery, but it was hard.

 

I searched for risks and benefits of epidural delivery in advance. I had heard that higher percent of women in other countries selected epidural delivery than in Japan. In 2016, there was only 6% of pregnant women selected painless delivery in Japan. Now, the percentage of pregnant women who select painless delivery gets higher, but there are still negative opinions; for example, “Epidural delivery is dangerous.” or “Delivery with strong pain is wonderful and makes us feel more love to our babies.” In fact, many pregnant women are interested in painless delivery, but much of them select natural delivery. The reason is that some of them think that it is bad to select painless delivery or they feel anxious about risks because Japanese media show medical accidents of painless delivery and highly emphasizes the risks. In France and America, more than 50% of pregnant women select epidural delivery but these days, more women select natural delivery, and in other countries, more than 50% of pregnant women select natural delivery. Actually, there are many risks when we select epidural delivery, but I hope that all pregnant women can select the way of delivery they want. To do so, I’d like to know more correct information.

 

Now, I started new life with my new baby. She grows well and we are all happy even though my son sometimes behaves like a baby. Like I heard, my recovery was earlier than last delivery. It encourages me.

二人育児スタート ~夫の育休終了~

さて、第二子を生んではや一か月。あっという間にふにゃふにゃの新生児期を終え、ムチムチになってきている娘。兄の大声&振動(体当たり)におなかの中にいるころから慣らされているらしく、多少のことでは動じない大物っぷり。二人目は楽と聞くけれど、今回は女の子だからなのか、夫が育休をとってくれたからなのか、二人目だからなのか、わからないけど確かに心に余裕を持てている。

 

本日より日中のワンオペ育児スタート。

娘は横で泣いたり、泣き止んだりを繰り返しているがバウンサーに乗せてとりあえずユラユラさせている。

息子の赤ちゃん返り、夫の育休、小規模保育のその後等々についてはまた後日書けたらいいなと思っている。

 

ワンオペ育児はなかなかの不安を伴うけど、娘のことはとってもかわいいと思えているので大丈夫。むしろパワーアップする息子への対処(私の心の状態含め)が大変そう。夫の育休中は、毎日保育園の迎えの後に公園に寄ってエネルギーを発散させてきてくれてたけど、やはり今日以降も必要なのかな。1か月の赤子を連れて、この寒い中1時間はきついんだけど・・・。息子と交渉してみよう。

まずはいつでも見られる場所に、小さくメモ書きしておいたので心が乱れたらちょくちょく見ようと思う。がんばろう!

  • まだ3歳。(お兄ちゃんとはいえまだまだ小さい!)
  • 彼は小さな研究者。(探求心の塊。なるべく見守る。なるべく。)
  • 気が付いたら深呼吸。
  • 口角を上げる。
  • 共感&代弁。

小規模保育もラスト3か月~小規模保育のメリット・デメリット~

またもやしばらく放置していた。第2子を妊娠し、無事産休へ突入している。今回はムスコのお迎えという時間的制約があるからか、体重増加が前回ほどではないからか、暖冬のおかげか、よく体を動かして、何かしら毎日外へ出ている。とは言え、臨月に入ったのにまだまだ生まれる雰囲気なし。このままだと今回も予定日超過しそう。まあ、体質よね。ゆっくりお正月も過ごしたいので、落ち着いて出てきたらいいよ~~と思っている。

 

さてさて、なんだかんだで年を越したら、ムスコの現在の保育園への通園も3か月となる。過去にこんな記事を書いていたけど、11月に先生との面談(年1回)があり、思ったこともあったので、少し情報を追加しようかと。

nasomas.hatenablog.com

メリットはとくに更新なし。というか、前回書いたものを、より強く実感している。先生からよく目の行き届く状況で保育してもらえてるなあ、と。あと、感染症の発症の少なさは本当にありがたかった。職場のママたちが看護で休みまくり有休が足りないと嘆いたけれど、私はほぼ看護のための休暇は取らず(夫の協力もあるけれど)。妊娠期間中も、助かったなと実感。

 

さて次はデメリット。

小規模保育のデメリット

  • 大人数での生活に慣れない →これが今後の懸念事項。
  • 行事の盛り上がりに欠ける →これは仕方なし。ほのぼのしてていいですよ。
  • 3歳児からの保育園探し →無事、連携保育園への入園は決まっている模様。
  • 保育士の人員不足?
  • 元気な子は力を持て余してしまうらしい

 赤字が書き足したところ。2つ目、3つ目はいいとして、1つ目。やっぱり4月以降の転園先での生活を考えると割と不安。担任の先生もやや心配しているかもしれない。今は朝早い登園で、先生にべったりくっつき、その後もわりと先生にくっついて生活している模様。家でも私に密着していることが多く、一人遊びはあまりしないムスコ。転園後、園児の人数が増えるうえ、ムスコの現在の保育園から、決定先の保育園に転園する子は他にいないようで、全くのマイノリティ。3歳児クラスになるので、園児の数に対する保育士の数も減るし、甘えられる対象が激減してしまう・・・。早生まれなこともあってか、言葉も他の園児よりゆっくりだったりするし・・・うまく馴染めるかなあ、ということを心配している。幸い、私は育休中のため、短時間保育予定で預ける時間は短いから、家庭でのメンタルケアが重要になるかな、と(その分、私の力量が問われるのだろうか。)。「なるようにしかならない」という精神で臨むしかなかろう。

 

4つ目。保育士の人員不足については、うちの園に限ったことではないと思うけど、小規模な分、先生が一人減るとマンパワーの減少が著しくなるのだろう。「早く迎えにきて!」「可能な限り家庭保育を!」というプレッシャーがまあまあ強い。おそらくシフトの関係なのだろうけど、そこは理由としては話してくれないので、「ムスコが寂しがっている、ね!!!」「親子の時間を大切に、ね!!!」という感じでグイグイと...。今は休暇中なので、なるべくそのようにしたいと思うものの、働いている期間はそう言われてもどうしようもない部分が多く(仕事があるから預けているので)、悶々としたこともあった。

 

最後、5つ目。これはムスコの同級生のお母さんからの話。元気いっぱいの男の子なのだけど、園での活動では体力を持て余すらしく(園内は狭いし、園庭なし。散歩も毎日じゃない)、夜11時くらいまで寝ないんだとか・・・・。うちも睡眠時間がじわじわ遅くなってきているとはいえ、20時過ぎには寝付くからあまり気にしてなかったけど、11時はさすがにきついわな・・・。そのため、そのお母さんは第2子の育休中(そして保活中)だけど、次は小規模保育園は希望に含めなかったらしい。なるほどねえ。

 

以上。手厚い保育を受けられ、落ち着いた保育環境が確保できる反面、物足りなさを感じる子供もいる模様。総じてみれば、やはり「小規模保育も悪くないよ」という感じ(強く勧めもしない)。保活期間はもう過ぎてしまったでしょうが、どなたかの参考になれば。

 

私は第2子の出産に向けて、いそいそと体と心の準備を進めていきたい。そんな日々。

 

 

 

 

 

 

 

産休・育休中の資格取得について思案する

第二子の妊娠、上司に報告したところ、なるべく長く働いてほしいという返答。念のためとっておいた有休も、子の看病で休むことがあまりなく、そこそこ残っているので、早めに産休に入らせてもらってもいいかなあと思っていたが、それは難しそう。まあ、6月に部署異動したばかりなので、これからという時の妊娠で若干後ろめたい気持ちもあったので、既定の産休開始まではなるべく働くことに(ただし、最後1ヶ月は週1くらいで有休を使っていきたいな~と目論見中)。

 

ムスコのときは、産院の教えに従い2~3時間おきにムスコを起こして授乳やらおむつ替えやらの生活をかなりまじめに実践し、最初の1年は本当に修行のようだった。今回は、もうちょっと気持ちに余裕をもって生活したい、と思う。子の様子を見つつも、自分のための時間もなるべく確保したい。

 

ムスコが8ヶ月の時に開始した英会話(月3)と書道(月4)はいまだ続いており、それは今も私にとってかけがえのない時間だ。もちろん、家族の協力には本当にありがたいと思っている。次は、在宅で何かしたいなあ、と。そしてベタではあるけど何か資格でも取ろうかなと考えている。実際、その資格を使って仕事に役立てるってのはあまり考えていないのだけど、自分のために時間をあてている感覚を持ちたいな、という気持ち。

 

候補・・・簿記、FP、心理系、TOEIC(これは定期的に受けているが)

 

嫌にならない程度に自分を追い込んでみようかと。ムスコの時は1日テレビ漬け(自分が)で、それほど見たいと思っていないテレビを長時間見て1日終わることも多かったので、それを何とかできたらいいな~というところ。

あと、親子での語学留学を夫に勧められ(夫も行きたいらしいが)、少し心惹かれている。とはいうものの、ムスコを1ヶ月保育園を休ませるというのはいろいろとリスクが高そうなので、1~2週間くらいかな。ただの旅行じゃないか、という気もするが。

 

最近、なんだか仕事への意気込みが低迷中なので、次の長期休暇に向けてあれこれ思案するのが楽しくなっている。

イヤイヤ期ムスコと異常気象とつわりと

久々の更新。全然更新していないのに、アクセスしてくださる皆様、ありがとうございます。ネントレの記事を見てくださっているようで。たびたび書いていますが、効果のほどは、「ほどほど」です。すみません。

 

6月の部署移動(古巣復帰)といきなりの繁忙期、異常気象での夏バテと家族全員でのダウン、そこにめでたく2人目の妊娠に伴うつわりが上乗せされ、PCから遠ざかっている日々を過ごしていた。

 

ムスコはというと、世で言ういわゆるイヤイヤ期真っ最中なのだろう。が、覚悟はしていたからか、私が慣れただけなのか、一時よりは少し落ち着いてきた気もする。今は我慢させることよりも、かなえてあげられる望みは聞いて、無理なものはごめんと断り、折り合いをつけられるよう小さなムスコと交渉の日々。時々ムスコもギャーーー!ってなるし、私もプッツンくることはあるが、言葉が進んできたこともあり、それなりに楽しんでいる。

 

さて、2人目妊娠は、予想外に早かった。ムスコの時は数年越しだったために長い目で見ていたこともあり、いきなりやってきてくれてびっくり、そしてうれしかった。つわりの日々は、やはりつらかったけど、今は安定期に入りなんでも美味しく頂けるし、だるいとはいえようやく夏を楽しんでいる感じ(暑すぎるけどね)。

 

こまごましたことは、またぼちぼち記録していこうと思う。とりあえずは、久々に更新できるまでの日常に戻ってきたことに乾杯(withルイボスティー)。

イヤイヤ期スタートと最近のお昼寝事情

しばらく書いていない間に、ムスコ、2歳3か月になりました。2歳で迎える3度目の子供の日。こどもの日メニューっぽいものを作って家族でささやかなお祝い。本当に元気に育ってくれている。数週間前くらいから、返事の大半が「いや」か「あーとーでっ!」に変化し、気に入らないとアンパンチを食らわせてくるようになった。その割にはアンパンマンは卒業しつつあり、最近は次の丸型キャラクター(?)であるドラえもんへシフト中。言葉の発達とともに、どんどん手ごわくなってくる感じがある。

 

そんなムスコのお昼寝事情。ネントレの記事を見てくださっている方が多いようなので、「お昼寝が苦手な子は2歳になったらこうなりました」というのを書いておこうと思う。

はっきり申し上げて、寝るのはやはり下手なまま。もう、性質というか、性格というか。家では全く昼寝せず、親が昼寝して促しても、ひとりでそばでじっとしながらブツブツ何か言っていたり、寝室に置いている時計や絵本を触ってみたり・・・という感じで過ごしている。連休中は、なるべく外出し、帰りの車や電車で寝かして終了(短ければ15分程度、長くて1時間半くらい)というパターン多し。ちなみに、保育園ではお昼寝時間は1時間半くらいと記録されていることが多いけど、本当に寝ている時間なのかは謎である(確かめたことがないので。横になって目が覚めている時間も含まれているのかもしれない)。夜はこれまで同様、気持ちの切り替えさえうまくいけばすんなり寝て、20時ごろには就寝している。変化としては、2歳を過ぎて、夜泣き(というか夜中に一度目を覚まして寝室の扉を開けて私を呼んだりしていた)がなくなった。

 

こんな感じです。残念ながら、すんなりお昼寝をする子に変化することはなかったけど、明らかに赤子の頃とは異なっているような気がする。ずーーーっと抱っこで寝かしつけということもないし、泣き続けるってこともないし。言葉が通じるようになるという状況の変化はかなり大きい。ということで、今、辛い思いをしているお母さんがいたら、まずは言葉が通じるまでの辛抱だと一つの目安にしてもらえたらと思う(それでもめちゃくちゃ長いと思うけど)。