まるがお生活

日常を綴ります。育休中で健全な生活を送っています。

保育園見学 第1弾!と、その後の役所でのリサーチ

4カ月を迎えたムスコを連れて初めての保育園見学へ。今回は、たまたま会社の有休消化日だった主人も一緒に3人で。

ムスコは2月生まれで現在4か月。来年1月か2月に0歳児で入園させたいところだけど、激戦区のためほぼあきらめモード。29年度(4月)に1歳児クラスでの入園を目指している。現在散歩などで立地をチェックして、7か所の保育園・こども園を検討中。こんな状況です。

 

さて、保育園のチェックポイントとしては、子供たちが元気に活動しているか、先生たちの動きや園全体の雰囲気。これをメインとしてあとはこまごましたことを質問したり。

本当はいろいろ吟味したいところだけど、あまり贅沢は言ってられない・・・。なので「ここは無理だな」というところを候補から外すのと、家からの距離以外の項目で優先順位をつけるときの参考情報を増やすのが目的。

 

確認したことはこのポイント。事前に園のHPをチェック、半分くらいはそれで解決。忙しい保育士さんに無駄な手間をかけないようにそこは配慮が必要かな~と。

・給食かお弁当か。アレルギー対応してもらえるか。

・年間イベント(親の出席が必要なもの)

・休日保育の条件

・慣らし保育はどのように行われるか

・家からの持ち物(お昼寝用の布団など)

・呼び出し、休ませなくてはならない場合の基準(熱38度など)

・自転車・ベビーカーを園に置いておけるか

・親以外のお迎えは可能か

・延長保育の有無

・おむつは紙おむつでOKか。準備して持っていくのか。使用済みおむつの処理は園でしてもらえるか

・保育園での薬の服用をしてもらえるか

・トイレトレーニングの方針

 

園内を案内してもらいながら、上記質問で関連ありそうなことを聞いていき、そこから漏れた質問は帰る前にまとめて確認。それで30分せずに終了~。早かったかな。でも雰囲気はよくわかったし、聞きたいことは全部聞けたような気がする。

 

今回見学させてもらった保育園は割と新しくとてもきれい。園庭が小さい以外は特に気になることもなく。子供に笑顔を向けていない保育士さんが一人いたのが気になったけど、その他の先生はにこやかで、まあ、大丈夫かな、という印象。子供たちも元気。

 

この後、区役所へ行って情報収集。妊娠中に1回(引っ越し直後。どんな園があるのかとかいった、おおまかな説明のみ)、産後に1回(28年度の要綱をもらう)行き、今回で3度目。今回はより詳細を確認。

検討中の園について28年度4月の入園状況について以下を確認しました。

・入園希望者数(第一希望)

・実際の入園数

・入園者の最低点

この他にも、もともとの受入数とか29年度の受け入れ予定数とか聞いたらよかったのかな。入園者の最低点で入園できなかった人数(点数的には入れたけど、点数以外の優先順位が低くなり落ちてしまった人数)も知りたかったけど、そこまでのデータはないとのこと。気になるわ~。

この日に見学に行った園はめちゃくちゃ人気ということがわかりショックをうけたものの、その他で、私たちの得点でも入園できそうな園があることが判明(28年度の状況だからもちろん変わるでしょうが)。駅からはちょっと遠くなったりとやはり多少の無理は必要なのだけど、このご時世、それは仕方ないのかな。まあ、情報を聞けてよかった。

そして新たにもらった情報としては、小規模保育園の中で、今回見学に行った園への連携ができている園があるとのこと。つまり3歳までその小規模保育園にいれば、3歳で今回見学に行った園への入園が確約されているとのこと。自分が会社に復帰したいという思いと共に、子供に集団生活を経験してほしいと思っていたので小規模保育園まではあまり思いを巡らせていなかったのだけど、3歳児時点で人気の(というか環境の良い)園に入れるのならそれもありかな、と。この小規模保育園もまた見学に行ってみようと思ったのでした。

 

保活、やろうと思えばいくらでもできそうだね、これ。妊娠中に始める人もいると聞いて焦った時もあったけど、それって多分、春や夏生まれで次の4月復帰を目指している人の話よね。春夏に産んで、最低1カ月は外に出られず、見学となると首がすわるまでは難しいから、そうこうしてたら申請開始。だから時間ない、妊娠中にやらねば!そういうことよね。その点、早生まれは産んでから申請まで時間がたっぷりあるから産後に子供を連れてゆっくりできるのはいいのかも。早生まれは不利、1歳児クラスは難しいと散々聞いて開き直っている自分がここにいる。

自分をすり減らさない程度にぼちぼち進めよう。うん。