まるがお生活

日常を綴ります。1年半の産休・育休から2017年5月に職場復帰しました。

エイデンアンドアネイのおくるみレビュー

今日は育児グッズのレビューをば。

うちのムスコ(生後4か月)が大好きなのがこれ。エイデンアンドアネイのガーゼのおくるみ。

妊娠期から「エイデンアンドアネイのおくるみ」の存在は知っていたし、評判が良いのも知っていたけれど、義母、祖母、そして姉の職場の嘱託のおばあちゃんというかなり遠い人からも手作りおくるみをプレゼントしていただき、さらに姉からおくるみ代わりにもなるしー、とファミリアのバスタオルをもらったため、おくるみは自分で買わなくていいやと思っていた。そもそもおくるみの使い方もよく分かってなかったので必要性もイマイチ理解せず。

しかしながら、ムスコがぐずってバタバタするとき、おくるみでぎゅっと巻いてゆらゆら揺らすとすんなり寝たではないか!しかもベッドに置くときもとっても楽である。(あ、ちなみにバタバタが激しくなった今ではもうおくるみでは巻かせてくれません。)これでおくるみは必要だと実感。

 

もらったおくるみのうち一番よく使っていたのがファミリアのバスタオル。すぐ洗えるし、肌触りも良くて。しかしムスコのサイズが大きくなるにつれて包みきれなくなってきた。まあ、もともとの用途は違うからねえ。もうちょっと大判なものがいいか。でもいただいた他のおくるみは厚手で暑そうだしなーと思っていたところ、夫のいとこからいただいた布の存在を思い出した。私が入院中にもらったもので、「お風呂上がりに下に敷いとけばよいと母が言ってたよ~」と夫が言っていたのでそのように使っていたもの。しかし、お風呂上がりの水分を取るには薄いし、クッション性もなく、やたら大きなあと思っていた布である。あの布のいい使い方見つけた!と思い、手に取ってみたところ・・・・そう、エイデンアンドアネイのおくるみだったのだ。店で検討したこともなく、退院した私が見た時点で箱から出されて洗濯済み、タグも見ず、上記の用な使い方と聞いていたこともあり、まさかもうエイデンアンドアネイのおくるみを持っているとはつゆ知らず。恥ずかし~~。お風呂上がりに彩を添えるただの布として使っていたなんて・・・。

 

この日からきちんと本来の使い方をするように。巻かせてくれなくなった今は、ベビーカーで散歩の際のひざ掛け(日よけ)に。お昼寝の際のブランケットとして。外出時の授乳ケープとして。ひらひらさせてムスコとのじゃれあいに。←これ本当によい。ひらひらさせたおくるみをムスコの顔にふわっとかけてはずす、いないないばあ的遊びをするとムスコのテンションが上がるのだ。ハアハアしてキャッキャしだすのだ。ほんっとうに汎用性が高く便利。そして洗えば洗うほど柔らかくなってきて、ムスコに手渡すと握ってハムハムしてとても幸せそう。結果、いただいたのは2枚だったのだけど、梅雨で洗い替えが間に合わない日もあろうかと、もう1枚買い足したのである。ちなみにうちはクラシックを愛用しております(バンブーでもオーガニックでもないやつね。)

最近はだいぶ気温が上がってきてムスコが汗ばんで寝てる日も増えてきて、布団を蹴り散らす日もちらほら。しかし細めにたたんだおくるみをおなかにかけておけば布団がはだけてもおくるみはお腹に残っておりお腹が冷える心配もなくなる。ムスコが寝入る時もおくるみ握ってると安心するみたいだし~。

ということで、我が家ではこのおくるみが大活躍しております。

参考になればこれ幸い。