まるがお生活

日常を綴ります。1年半の産休・育休から2017年5月に職場復帰しました。

お昼寝 ねんねトレーニングスタート

本日より、4カ月のムスコ、ねんねトレーニング、通称ねんトレをスタートした。要は、おっぱいや抱っこなしでねんねできるようにしようというもの。今まで存在は知っていたものの、以下の理由で手を出せず。

①夜は寝かしつけせずにすんなり寝てくれる。(昼夜の区別をつけさせようとわりと早い月齢から、朝はカーテンを開けて明るく、夜は電気を消して暗く、を実践。夜はお風呂→おっぱい→おくるみをかけてお気に入りのねずみのぬいぐるみを渡して「おやすみ」で寝てくれる)

②日を追うごとに大きくなる泣き声に耐えられない。早く抱っこしてどうにかしたい。

③私が抱っこしていればいい話。寝ぐずり以外で泣くことがないから、寝かしつけから抱っこをとるとほぼ抱っこなしになりちょっと寂しい・・・。

④①と関係あるけど今できている夜の寝入りがねんトレの失敗によって失われるのが怖い。

 

特に、②と④が怖くて実践できず。ねんトレが失敗する可能性も大いにあることだし。でも、以下の理由により、ついに手を出すことに決意。

①4カ月半になり、ある程度トレーニングを理解できそう。

②離れないで!モードが多すぎて一日の半分以上抱っこ。8kg弱を持ち続けることに体が耐えられない。そしてまだまだ大きくなる。

③夜は布団で寝られるんだから、ルーチン化すれば抱っこもおっぱいもなしでねんねできる子であることはわかっている。

④正直、抱っこで昼寝するものの、抱っこがそんなに好きなわけではなさそう。エビぞりになって抵抗するしね。

⑤ベッドで寝たほうが体(姿勢や熟睡度)にいいと思われる。

 

つまりは、もう抱っこし続けることに限界がきた、そして抱っこなしで寝る可能性があるというところ。泣いているわが子を横目に、隣の部屋にいるってのは本当に辛い。育児するために育休を、とってるのに、泣いている子を放置していていいのか、ひどいことをしているのではないかと思うわけです。でもね、始めるなら今しかない。物事が少しずつ分かり始めた今、子供の体が大きくなりつつあって母親の体に(早くも)限界が来た今に始めるのがベストだと判断。

 

もう、半分以上、我流。本を読む間もない。昨日からネットで収集した情報をつなぎ合わせて(一番やっちゃいけないことなのかも)わが子に合いそうな感じに。ほとんどの情報は、夜の寝かしつけについて書いていて、正直そこでは困ってない時点でちょっと違うし、とか思ったりして。

13時スタート。カーテンを閉め、電気を消し、絵本「もうねんね」を読み聞かせる。ベッドに寝かせ、おくるみ(エイデンアンドアネイ)とお気に入りのネズミのぬいぐるみ(IKEA)をわたし、おやすみ、と部屋を出る。もう、横にした時点で大泣きね。

3分耐える→2分なだめにいき(ほぼ意味なし)退室→5分耐える→2分なだめにいき(ほぼ意味なし)退室→7分耐える→2分・・・・繰り返し。1時間を過ぎて寝なければそのお昼寝は終了だとか。ムスコは、本日40分で静かに。その後、20分で悲鳴を上げて泣き出し、20分で静かになり、その後45分寝た(15時15分まで)。その後また悲鳴を上げて泣いたので、もう起きる時間かな、と授乳。まあ、ムスコも結果眠れたし、思っていた最悪な地獄絵図ではないか、という印象。

その後、しばらくプレイジムで遊ばせてたら、あくびしておめめを掻き掻き。おねむサインがわかりやすいムスコ…。やっぱ夕寝したいのね、と16時半、カーテンを閉め…からまたスタート(夕寝)。結果、しばらくねずみのぬいぐるみで遊んでる声が聞こえてたけど5分で静かに!10分後、恐る恐る扉を開けたら寝てるではないか!びっくり!!こんなにも早く習得か!と。

しかしそうは問屋がおろさないよね。開始20分で大泣きスタート。結局17:15まで大泣きして、これ以上かけて寝ても夜に響くから夕寝は断念、起こしに行く。泣きはらしたムスコの姿に胸が締め付けられる。

 

夕寝ができなかったせいで機嫌が悪めだったけど、お風呂は平和に終了。夜の寝かしつけは、昼間泣きすぎたせいで若干興奮した感じだったけど、いつも通り19時半就寝。とりあえずホッとする。

 

ねんトレ1日目。体はかなり楽。寝てる間に宅配物をムスコに気を使わず受け取れたり、夜ごはんの準備、お風呂の準備、洗濯の取り入れができたことは大きな収穫。まあ、ムスコの絶叫系大泣きというそれ以上の代償を払ってるんだけど。ここでブレたらムスコが余計かわいそう。1週間は継続するつもり。

 

土日は旦那さんの協力も仰ぎつつ頑張るぞ!愛するムスコと平和な生活のために!

 

今後の様子はまた継続して書くつもりでおりますので、よろしければ見守っていてください。