まるがお生活

日常を綴ります。育休中で健全な生活を送っています。

おむつから漏れたウンチ汚れはセスキ炭酸ソーダで浸け置き

タイトルの通り。生後5カ月のムスコの子育て中。離乳食はまだ始めていないので、”そういうウンチ”として考えていただければ。

 

うちではウンチもれにはセスキ炭酸ソーダで対応している。おむつが合わなくなってきたり、バウンサーがウンチ椅子と化してしまったとき、その他溜めて溜めて溜めてから出したときなどやっぱり漏れてしまう。あっちゃ~。。。と思ったり、白い、しかもいい服の時に漏らしたりするもんだから若干気分は下がり気味。何とかもとに戻したい、でも漂白剤は使いたくない。あれこれ調べて、セスキ炭酸ソーダでいけるのではないかと。はるか昔に、生理の際に布ナプキンに移行しようかと思って試していた時、血液汚れに強いということで購入したセスキ炭酸ソーダ(うちではアルカリウォッシュ)がまだまだ残っていた。ずいぶん古いし特別な管理もしてないけど、湿気で固まるということもなく、戸棚の中でひっそり待ってくれていた。試しに使ってみたところ、予想通り、きれいに落ちた。

①ウンチを水で流し、石鹸(ここらは適当)で予洗い。とりあえず簡単に落ちそうなところは落としておく。(しゃかりきにゴシゴシするほどではない)

セスキ炭酸ソーダを水に溶かし、そこに汚れた衣類を漬け込む(3時間~一晩)。(溶かす量は、水30Lに小さじ2~大さじ1くらいらしいが、これも適当。触って、指がちょっとヌルつくわ~って程度にしている)

③軽く水洗い(うちは手洗い、これも適当)し、あとは普通に他の洗濯物と洗う。

これできれいに落ちている。白いファミリアの服、白×グレーのベビービョルンのバウンサーのカバーもきれいさっぱり。布が傷んだ感じもない。

今更ながら、セスキ炭酸ソーダに感謝し、掃除にも使い始めた始末。離乳食が始まったらウンチの形状も変わるっていうから、その時はまた要検討なのかもしれないけど。うちではまだしばらくはお世話になりそうです。