まるがお生活

日常を綴ります。育休中で健全な生活を送っています。

昔ながらのおんぶ紐レビュー

生後6ヶ月半のムスコ、最近はズリバイやお座りができるようになってきたので少しの間なら一人遊びもできるようになってきたけど、3か月~5カ月ごろは甘えん坊で離れるとぐずる毎日が続いていた。首が座った3ヶ月半から使ってるのが、昔ながらのおんぶ紐。お散歩で使っているのはアップリカのコランハグなんだけど、”家用”が欲しくって。そして肩越しにお母さんの作業が見えるおんぶをしてあげたい(自分としてもお腹にいるより背中に張り付いてくれてたほうが楽だし)という思いから昔ながらのおんぶ紐を検討。

ネットでリサーチし、候補に挙がったのは3つ。

北極しろくま堂種類が豊富。値段は幅あり。足を通さないので眠った場合に下ろして起こすリスクが低いと思われる。お試しができる。

②ラッキー工業:安い。スリーピングサポートがしっかりしている。足を通すタイプなので安心。しかし寝入った後下ろす際に起こしてしまうリスクは高そう。

③おもいでおんぶ:なんせおしゃれ。コンパクトにたためる。しかし値段が高い。

 

検討の結果、北極しろくま堂のものに。家でしか使わないので、色やデザインはなんでも良かったのと、足を通さないのがポイントになったかな。おもいでおんぶのはかわいいが、値段が高い。使用頻度が謎だったのと、完全家用だったことで却下。ラッキー工業のは最後まで悩んだけど、しっかりホールドできる分、着脱が面倒なのかなー(暴れた時とか)と。北極しろくま堂はお試しができるのもうれしいポイント(結局お試しせずに買ったけどね)。まあ、どれもいいんだろうけどね。

さて、使用感だけど「悪くない」という感じ。ムスコがまだ小さいので肩越しに私の作業を見るまでにはまだ至らず。そしてなるべく高い位置でおぶった方が負担が少ないみたいなのでそうするんだけど、鎖骨あたりが若干痛くなることはある。ただしこれも許容範囲。動いていればおんぶで寝てくれることもあるのでちょい寝するには役立ったかな。6カ月半現在は、ネントレの成果もあって、ひとりで寝てくれるのでその間に家事も済ませちゃうから、おんぶして家事をこなすという機会は激減しているけれど。なぜか夫が気に入ってたびたびおんぶしていたりするので無駄にはなってないし、満足している。

ちなみに、この昔ながらのおんぶ紐、胸はかなり強調される。必要以上に胸を強調するスタイルになってしまうのが難点。胸を隠す専用の商品も出ていたりするけれど、エプロンをつければ全然問題ないので購入には至らず。あと、背中がよだれまみれになるけど、家だけだからと我慢してる。タオルとか背中に挟んどけばいいのかな。

今時、おんぶして家事をするっていうスタイルは、なかなか新鮮だったりするので試してみる価値はあるかもしれない。