まるがお生活

日常を綴ります。育休中で健全な生活を送っています。

子育て母の休憩事情

生後6ヶ月のムスコの子育て中。日々パワフルに進化し続けるムスコの相手は簡単ではない。妊娠・出産で落ちた体力を回復する機会ももてないままズルズルきてしまった我が身にとっては、休憩時間をいかに確保するかがとっても重要。

今後、ムスコの日中寝る時間はますます減るであろうと予測されるけれど、ここらで覚え書き。

 

5時すぎ:起床。朝食準備、朝食

6時:夫を送り出し、片付け→休憩①寝室に忍び込みムスコとともに寝る。

7時半:2度目の起床、授乳

9時半:ムスコ朝寝。休憩②朝のとと姉ちゃんの録画を見る、離乳食準備

10時半:ムスコ起きる。離乳食&授乳。この後私の昼食。

12時半:ムスコ昼寝。お風呂準備、夕食準備(お味噌汁や副菜作り、メインの材料の下ごしらえとか)→休憩③寝室に忍び込みムスコとともに寝る。

14時〜15時:ムスコ起きる。この後夜までは休憩なし。

19時:ムスコ就寝。夕食。撮りだめたドラマなど鑑賞。離乳食の仕込みなど。

22時〜23時:就寝。夜間1回授乳のため起きたり起きなかったり。

 

こんな感じ。まぁまぁ休んでるよね。出産前の私が字面だけ見たら、育児いけそう、仕事で頑張ったんだから大丈夫でしょ、と思うような1日だ。でもね、育児って本当体力がいる。仕事のキツさを否定はしないが、育児って、体と頭を使って次々起こることに対処して、自分の体から出る液体を与えて…。とてもワイルドな活動だと思う。

本題に戻るけど、休憩①と③でしっかり休めると、ムスコがぐずぐずモード全開でも1日楽しく過ごせる。しかし睡眠不足がたたると本当にゾンビのよう…。夕方がきつくてたまらない。それを防止すべく、ムスコが寝てる時はなるべく一緒に寝るようにしている(寝入るのは1人でしてもらうけど)。そして、物音でムスコを起こすリスクを負ってでも寝室で布団で寝る方がリビングのソファより回復度が断然高い。さらに言うと、耳栓をするとかなり質が高い眠りが得られる。私はムスコに負けず私も眠り下手なので、なるべく眠りに集中できる環境が必要なのだ(自分にもネントレが必要だ)。子育て中に耳栓なんてありえないという意見もあるだろうが、大音量で近くで泣き声を聞き続けて耳が痛くなったり、関係ない時に耳鳴りに苦しむこともある。耳栓をつけるのも下手で、完全に耳をふさぐことはできないから(耳にフワッと乗っかっている程度)、泣き声は聞こえてるので安全は確保できてると思うけど、少しの息づかいとか、布団の擦れる音が和らぐのでそれだけでもありがたい(自分で書いといて思うけど、どんだけデリケートなんだ)。あ、耳栓しだしたのは6ヶ月過ぎてからね。それまでは思いつかなかったし、新生児の頃なんて危険に気付かないと特に怖いから。

 

今後は、朝寝や昼寝が短くなるだろうから、休憩②で効率よく回復が必要になる感じかなー。体力つけるためにジムとか行って気分転換したいところだけど、今のところなかなか難しい。ムスコでも担いでエッサホイサしておこうと思う。