まるがお生活

日常を綴ります。1年半の産休・育休から2017年5月に職場復帰しました。

わが子の夏の皮膚トラブル対処法

生後7カ月のムスコを子育て中。この夏も暑かった。子育て初の夏。汗かき赤ちゃんのあせもを防止すべく試してみたことの覚書き。夫が肌が弱く、昔アトピーだったこともあり、一応慎重に見守り気を付けていたつもり。幸い、ひどいあせもにはならずに夏を終えることができた模様。

・とにかく汗をこまめに拭く。ガーゼでぽんぽんと。頭・首・ひじやひざの内側。

・おむつ替えの時によく乾かす。時にはフーフーも。ムスコの股間に息を吹きかける母親ってどうなんだと思いながらもやる。うちわで良かったんだろうけど。

・それでも汗が噴き出してビチョビチョなことも多々あり。特に寝起きと散歩後だったかな。その場合は濡れたガーゼで拭くか、シャワーを浴びさせて着替え。ムスコはシャワーはあまり好きじゃなかったのかあまり喜ばなかったので濡れたガーゼ率高し。

 

これでもやはり赤いポツポツができてしまうことがしばしば。そこで悪化させないために試したのは重曹風呂と桃の葉ローション。重曹風呂は自宅にあった食用重曹をお風呂に入る際に湯船に大さじ1入れるだけ。もっと入れてもいいみたいだったけど、夫が肌が弱いのでこんなもんで。結論としてはちょうど良かったかな。汗切れがいいというか、お風呂後ホカホカなのにあせはスッとひいている感じ。べたべた暑さがまとわりつく感じが減るだけで自分のストレスも減った。お風呂後暑くて服を着るのを嫌がるムスコもすんなり服を着るように。食用の重曹でなくてもいい気がしたけど、ムスコがガーゼで遊びつつ湯船のお湯を吸う(!)こともあったので、念のため食用を使用した。

桃の葉ローションはドラッグストアで購入。ちょうど使ってたベビーローションがなくなったからってのもある。あとは手持ちのベビー乳液とダブル使用。正直、これは効いていたのかよくわからないかなー。使用感はサッパリしてたけどね。

これで夏は乗り切った感じ。この方法をとってからあせもは見なくなったので効果はあったと思う。

 

逆に、ここしばらく悩んでいたのは足首や太もものカサカサ。最初は足首の靴下のゴムあたり。ゴムで締めつけてることとか、洗剤が合わなくなった?とかいろいろ心配していたところ、太ももにも。1円玉より少し小さいサイズのカサカサで、普段は肌色、お風呂後はピンクという感じ。とりあえず、ベビー乳液を1日数回塗るも良くならず・・・。ネットで調べると○○皮膚炎やらアトピーやら、いろいろ出てくる。7か月検診が近かったので先生に聞こうと思いつつ、街に出る機会があったのでとりあえず保湿で様子見にとベビー用のボディクリームをゲット。そして涼しくなってきたので重曹風呂をやめて、沐浴時代の余っていたスキナベーブを浴槽に入浴剤代わりに入れてみた(キャップ4杯)。お風呂後の保湿は、残っている桃の葉ローション、ベビー乳液、ベビー用ボディクリームの3段使いという面倒なことをしつつ、日中2~3回、ボディークリームをカサカサのある足に塗る、という生活を2日ほど。・・・とかしていたら結局健診では聞くのを失念してしまい少し凹んだのだけど、なんだかカサカサはよくなっている模様。どうやら季節がすすんでいるのにサッパリさせすぎていたみたい。もうしっとり保湿が必要な季節が来ていたようだ。スキナベーブもどう処理するか迷ったまま放置していたので使い道ができてよかった~。

 

お医者さんに聞くことができなかったのは本当に残念だけど、結果オーライでこのまま様子を見るつもり。悪化するようなら自己判断せず病院に行きます。

ちなみに、1歳までに打たなきゃいけない予防接種は無事終了。11月ごろ9カ月検診と共にインフルエンザの予防接種かな。注射ばっかりでかわいそうなムスコ。がんばれ!