まるがお生活

日常を綴ります。育休中で健全な生活を送っています。

断乳9日目。胸に描いた絵も消えかけ。

1歳になったムスコに断乳を決行して早9日。ムスコ、そして私の胸ともに落ち着きを取り戻している。胸のウサギとクマも、最初は律儀にくっきり描き足していたけど、もう大丈夫だろうから自然に消えてもらおう(でないと私も病院にいけない。先生びっくりするよね)。

 

断乳初日の発熱、2日目の激痛&微熱・・・と、どうなることか本当に心配したけど何とかムスコと二人きりの平日1週間を乗り切ることができた。

nasomas.hatenablog.com

 

3日目の夜に一度しっかり搾乳した。4日目ってパターンもあるようだけど、ムスコと二人きりの平日を迎えるにあたり授乳に代わるスキンシップが必要、ならば抱っこは必須、抱っこをするには絞っておかないと痛すぎるだろうということで3日目に搾乳。大きめのフェイスタオルがずっしり重くなるくらい。ここですっきりできた。翌日どうなるか少し不安だったけど、母乳工場はもう稼働をやめたらしく平日は胸の張りもなく過ごすことができた。ただ風邪は治りきらず、そちらが厄介だったけど。

ムスコは、やはりふとした拍子に思い出すのか、しきりに服をめくりに来た。でも胸にいるクマとウサギを見ると少し笑ってプイ!と離れたり・・・。寝ぐずりの時や昼寝明けの理性が寝ぼけモードの時は激しく泣いて、こちらも辛くなったけど、ネントレ初日と比べれば全然大したことない。あの時のような胸が引きちぎられる思いもなく、落ち着いて見守ることができたような気がする。そういう意味でもネントレしといて良かったかも、と思った。

断乳9日目の今夜か、10日目の明日、再度しっかり搾乳したら断乳成功ってことでいいかな。遅めのバレンタインチョコ(家用)で夫と祝杯をあげるつもり。親子の信頼関係が崩れるほど泣くようなら中断しようと思っていたけれど、そうならずに済んでほっとしている。ムスコも成長している模様。えらいえらい。

 

うちの場合、

断乳して変わったこと:私の体調。日中眠い時間が多かったけど起きていられるようになり、ムスコとくっついて過ごせる時間が増えた。多い&長い授乳をしんどいと思っていたので精神的負担も減。

 

断乳でかわらなかったこと:

・ムスコの睡眠時間。もともと19時~5時半で眠れていたので大差なし。起きる時間が6時頃になったかな?1歳を過ぎているけどいまだに朝寝、昼寝両方する。ともに1時間~1時間半くらい。寝起きが悪いのも変わりなし。

・ムスコの食欲。出されたものはすべて食べる派なので変化なし。若干グルメになったのか、気に入らないものはポイするので困りもの。お気に入りの味(基本カボチャやさつまいも)にしておけばガツガツ食べる。

 

こんな感じ。ムスコに関しては大きな変化がなく、これは私にとっては救い。授乳回数の多さにのみ疲れを感じて、そして保育園の準備として始めた断乳だったので、逆に断乳のストレスで夜泣きが始まったり離乳食ストライキが起こることを恐れていたけど影響なかったみたい。私にとっては体の負担も減り、風邪は治らないけど薬も飲めるし、治ればお酒も飲めるし、いいことがたくさん。ムスコよ、ありがとう。断乳は母にもつらい経験、と言うけど胸の張りがつらかったことと、激しい泣きを久々に目の当たりにして少し途方に暮れたくらいで、すべて想定の範囲内で終わりを迎えました(大丈夫か私の母性)。

今後は、ますますくっつき虫になったムスコを存分に甘えさせて、社会にもちょこちょこ触れさせていきたいと思います。