まるがお生活

日常を綴ります。育休中で健全な生活を送っています。

ストウブでの離乳食づくり2

1歳のムスコ、時に発熱したり、常に鼻水たらしたりしながらもすくすく成長中。以前記事に書いた(とても適当に)ストウブでの離乳食づくり、アクセスしてくださる方が多いようなので追記をば。やっていることはこの4ヶ月ほとんど変わりないけど、もう少し丁寧に書いておく。

nasomas.hatenablog.com

 

ストウブ、その後も大活躍中です。ほんと愛用している。離乳食のために活用する場合は、主に仕込みに使っている。

・にんじん→皮をむいて半分または1本まるまる投入

・れんこん→皮をむいて投入

・さつまいも→丸ごと投入

・かぼちゃ→種とワタを取り除いて大きめに切って投入

100~200ccほど水を入れて、蓋をずらして中火にかけて煮立ったら、蓋を完全に閉めて15~20分弱火で加熱。あとは火を消して放置、適当なタイミング(私は他の家事を済ませて触れるくらいに冷めてから)で取り出してタッパーなどに分ける。終わり。余力があればさらにそこから野菜のおやきや野菜入りハンバーグやら次のアレンジへ(だいたい別日にしてます)。

ストウブは無水調理ができるので水はなくてもできると思うけど、焦がしてしまったことがあるので念のため。

ほんっとうにおいしい。全部の具材の甘いこと。ムスコもいまだにパクパク食べている。食欲旺盛のムスコは、いつもすぐに自分の分を食べ終わりもっともっと!!と催促してくるけど、小さく切ったニンジンの角切りを出したら、にこにことうなずきながら指でつまんで食べているので満足している模様。なんて楽なんだ。ストウブ様様、ありがとう。

さつまいもは角切りにしておやつに。(ほぼ毎日これ)

カボチャはかなり柔らかくなるのでペーストにしてパンに塗ってロールサンドにしたり。手づかみ用の角切りカボチャはストウブではなく別の小鍋で茹でています。

レンコンは細かく切っておやきなどに。根菜も甘く、ほっくほくに仕上がるのがストウブのすごいところ。離乳食の本を見たら、レンコンはたいていすりおろして使う、ってなってたりするけど、面倒なので・・・。歯茎でも十分崩れるかたさ。ムスコも歯ごたえ(歯茎ごたえ?)があるようで、興味をもってもぐもぐしている様子が伝わってくる。

苦いのが嫌なのか大根はあまり食べないけど、大根も軟らかく仕上がるので風呂吹き大根も簡単。ちなみに葉菜はストウブではなく普通のお鍋で茹でることがほとんどです。

 

日々、こんな仕込みをしています。仕込んだ野菜たちは細かく切ってごはんに混ぜておにぎりにしたり、野菜を組み合わせておやきにしたり、ハンバーグに混ぜ込んだり。汎用性が高いです。基本、冷蔵保存して、他の調理に使ったらその分は冷凍へ。本来はあまり冷蔵期間を長くしない方がいいんだろうけど、すぐになくなるし、お腹壊したこともないし、大丈夫でしょうってことで。1歳を過ぎて育児の適当さに拍車がかかっている気はするけど、まあいいの。

 

あと、おすすめしたいのはポトフ。大きく切った野菜をストウブに入れ、ひたひたの水を入れて30分~1時間加熱(多分もっと短くても大丈夫)。これだけで十分おいしい。塩少々してもなおおいしい。鶏の手羽先なんかもいいだしが出るし、お肉がほろほろに仕上がります。今までブイヨンを入れたり、ソーセージやベーコンを使っていたけど、ムスコには塩分や油分が多いかなと思ったし、とは言え大人とムスコのごはんを別々に作るのも面倒で、少しムスコに寄せたところ、十分に大人も楽しめる味だということが発覚。ポトフはストウブの素晴らしさを体感できるのでおすすめです。

 

アクセスしてもらった割に内容が薄く申し訳ないですが、ストウブはそれくらいシンプルな使い方でも十分おいしいよ!ということをお伝えできれば幸いです。(というか、こんな雑な料理でもムスコはパクパク食べるのでアレンジしないまま今に至っている。)

そんなムスコも明日は入園式。今後もこんな感じで育児がんばります~。