まるがお生活

日常を綴ります。1年半の産休・育休から2017年5月に職場復帰しました。

1歳2ヶ月ムスコのねんね事情覚え書き~お昼寝ネントレ10ヶ月後~

ムスコ、1歳2ヶ月。書いておかなければと思いながら、昼寝のネントレのその後についてなかなか書けず。ムスコが保育園に行くようになったので、こんな時間に更新できる。まだ慣らし保育真っ只中で、本日はお昼ご飯後、お昼寝前の12時にお迎えにあがる予定。なので保育園でのお昼寝事情はまた後日。それをもってネントレ記録終了かな~。(今日も涙の別れだったけど、泣き止んで遊びに熱中できていますように。)

 

これまでの記録はねんトレのカテゴリーをご覧ください。

nasomas.hatenablog.com

お昼寝が大の苦手だったムスコに4ヶ月半時点でネントレ実施、その後の経過をみておりました。保育園に行く直前のムスコの様子について記録しておく。

5時半~6時 起床、朝食

8時半ごろ 朝寝したりしなかったり。30~60分。

9時ごろ おやつ①→このあと児童館へくりだす

12時  昼食

13時~14時ごろ 昼寝スタート。1~2時間くらい。

15時ごろ おやつ②、散歩

17時 夕食

18時 お風呂

19時 就寝

大きな変化は、「卒乳」。1歳と1週間で卒乳したので授乳がゼロに。体が楽です。私は授乳に大きな幸せを感じるタイプではなかったので、卒乳してから心身ともに開放された。体重は噂に聞きし通り微増傾向にある。

さて昼寝だけど、結局1歳を過ぎるまでは添い寝トントンで済んだり、抱っこ紐で歌いながら家の中を歩いたり、そんなことを繰り返していたような。1歳を過ぎて、ムスコが風邪をひいて声が出なくなったことがあり、その時にもう、抱っこ紐での寝かしつけは完全にやめた。声が出ないからぎゃーーーー!って泣けないのよね。かわいそうだけど、ひたすらトントンしたり寝たふりしたり。それで何とか自分で寝るようになった。

最近は、私が先に布団に入り寝たふりを決め込み、ムスコが寝る気になるのを待つ。すぐ腕枕で寝ることもあれば、隣の部屋で遊んでからくることもあり。(ちなみに隣の部屋は丸見え。)ムスコも気持ちを切り替えるために遊んでいるだけのようなので、あまりいたずらしたり、危険なことをしたりはしていない。変な物音がすれば、こちらももちろん薄目でチェックしています。

1歳1ヶ月で朝寝は減ったかな。眠そうだけど寝たくないらしい様子だった。ちょこちょこ歩けるようにもなったので、公園に連れだしたり児童館の幼児向けプログラムに参加したりで気分を紛らわす。夜はありがたいことに19時就寝のままでした。こんな感じ。

 

ネントレ結論

・お昼寝が苦手な子(うちのムスコ)はいつまでたっても苦手

 

ほんと、結局のところ寝るかどうか決めるのは赤子、親は環境を整えてペースづくりをするのみなのかなって思った。悲しいことに。ムスコも気持ちの切り替えができるようになって、ちょっとは昼寝が上手になった気がするけど、簡単に眠りの体勢には入らないし、外出時や来客時は無理なままだった。きっと、保育園でもお昼寝が最大の関門になる気がする。だがここはもうプロに任せよう。眠れなかった分は帰りのちょい寝や夜に補うって感じになるんだろう。まあ、これも時間とともに解決するってやつ、きっと。

 

ただ、ネントレは無駄にはならなかったと思う。ネントレ初日を乗り越えた(ムスコも私も)ことは、その後の育児でも精神面で結構プラスに働いた気がする。断乳も保育園初日も、ネントレ初日よりましだったな。ネントレ初日(生後4ヶ月)は泣かせることに対する免疫もなかったからかなりダメージ大きかったのよね(トラウマとも言えるが)。でもその後、ムスコは相変わらず嫌な時は大泣きするし、泣くのを諦めた子にはなっておらず、愛着障害を心配するような状況でもない。その子や他の状況にもよるだろうけど、大丈夫なケースだってたくさんある。危ない状況になれば軌道修正できるはず。なのでネントレにトライすること自体は問題ないと思う。ネントレに踏み切ろうか悩む方がいれば、このように伝えたい。